幼児教育の種類について

幼児教育に関する情報サイト

保育所と幼稚園の世界の歴史と日本の歴史

「幼児教育とは何か」お子さんのいるご家庭は、知っている方が多いかと思いますが、お子さんのいない家庭だと知っている方が少ないかもしれませんね。 幼児教育とは何か、幼児教育は、どのような種類があるのか詳しくお話したいと思いますので、幼児教育をどうするのか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

教えて!幼児教育と幼児教育の種類

世界で初めてできた保育所は、スコットランドで、1816年産業革命期に幼児学校というのができたのが始まりです。
幼児学校ができたきっかけが、幼児学校を作った人が経営する紡績工場で働く大人とその子どもたちの為に1歳から6歳までの子供を問題のない性格に育てることを目的として幼児学校を作り、子供の母親が工場で安心して働ける環境を整えたかったからです。
1840年に世界で初めて、ドイツ人が「一般ドイツ幼稚園」を作り、今の幼稚園教育の基礎を作ったのも一般ドイツ幼稚園を作った人で、現在も「幼児教育の父」と呼ばれていて、保育所は、働く親の手助けをしながら、子どもの成長を支え、幼稚園は、教育課程に沿った幼児学校と考えるとわかりやすいかもしれません。
日本で初めて保育所ができたのが明治9年で3歳以上の幼児教育を行う施設で、保育料が発生したため中流の階層の幼児だけが通う事ができ、所得が少なく、貧困の幼児のために、母親が働いてる時は、幼児の面倒を見る施設として、明治23年に託児所という名前の最初の保育園や保育所ができましたが、保育所や幼稚園に決められた法律などは、当時はまだなく、1947年になってようやく保育所に関する法律ができ、子供の心や体を穏やかに育成する事を目的とした福祉サービスとして、現在も保育所を利用する方がたくさんいます。
大正15年に幼稚園令という法律が作られましたが、昭和22年に学校教育法が作られたのをきっかけに、幼稚園令は廃止されました。

あなたは知ってた?保育所と幼稚園の違い

皆さんは、「保育所」と「幼稚園」の違いって知っていますか?保育所は長い時間預かってくれて幼稚園は短い時間しか預かってくれない事を知っている方は多いかと思いますが、それ以外にも保育所と幼稚園には違いがあるのを知っている方は、少ないかと思いますので詳しくお話したいと思います。

選ぶコツと保育所から幼稚園に変えるタイミング

保育所だと幼稚園よりも長い時間預かってくれるし給食もあるからいいけど、子供との時間が減っちゃうしとか幼稚園は、短時間預かりで子供との時間ができるけど給食がない幼稚園もあるしなど保育所と幼稚園どちらを選ぶか悩んでしまいますよね。 選び方のコツや保育所から幼稚園に変える際の注意点についてお話します。

TOPへ戻る