幼児教育に関する情報サイト

保育所と幼稚園の世界の歴史と日本の歴史

幼児教育って何?

幼児教育とは、保育園や幼稚園や幼児教室や習い事の教室事で、小学生になる前に受ける教育の事で、子育てにおいて、幼児期の「幼児教育」が最も重要で今後の子供の育ち方に影響を与えやすい時期なので、正しい時期に刺激を適切な方法でお子さんに与えてあげる事が大切です。
お子さんは、生活や遊びなどで直接的で具体的な体験をすることにより、情緒的で知的な部分が成長します。
様々な感情の体験、自己表現し他者に認めてもらう体験、一緒に喜びや感動を共感し合う体験や目標に向かって取り組み、その目的を成し遂げようとする体験。
挫折や葛藤、失敗をする体験、自分を主張、アピールする体験や物事に折り合いをつける体験や、まわりの人に愛されていると実感できる体験や自分を必要としてくれると感じる体験学習をしなければなりません。

様々な幼児教育の種類

主に幼児教育の種類は、知育系や外国語系幼児教室や運動系など3つあります。
知育系幼児教室は、お子様の知能面を発達させる事ができるので、子供に社交性や社会性などを学んでほしいと思っている方におすすめの幼児教育となっています。
外国語系幼児教室は、幼児期に英語や中国語やフランス語やスペイン語などを学んでおくと、早い段階から外国文化に触れる事ができるため、将来外国の学校に行かせたい場合などに役に立ったりする場合があります。
本場のネイティブな発音で、講師の先生と一緒に歌ったりお絵かきなどをして、遊びを通して、外国語を学ぶことができます。
運動系幼児教室は、字のごとく体を動かす事がメインで、健康的な体を構築したいなどという目的で通うお子さんが多いです。柔軟性や俊敏性といった身体能力が高まります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る