幼児教育に関する情報サイト

あなたは知ってた?保育所と幼稚園の違い

保育所

保育所の目的は、親御さんからの希望でお子さんを預かり、乳児や幼児を教育する事を目的としていて、対象年齢は、0歳から小学校入学前までの乳児や幼児で、保育所により異なりますが、基本的に預かる時間は、7時半から18時半頃までで、保育料は、各自治体が親御さんの所得に応じて決定していて、給食は義務化されています。
保育所の先生になるためには、保育士資格証明書が必要で、管轄は、厚生労働省で児童福祉法に基づいて運営されています。
地域や保育所によって保育料の負担金や預かってくれる時間などが異なりますので、どの保育園にするかいくつか保育所を見学などした上で決める事をおすすめします。
長時間預かってくれるため共働きの親御さんが保育所を利用する場合が多いです。

幼稚園

幼稚園の目的は、適切な環境で幼児を保育して、心や体の成長を手助けする事を目的としていて、対象年齢は、3歳になった春から小学校入学前の幼児で、保育時間は、基本的に9時から14時まで、保育料は、私立だと幼稚園を作った人が決めた金額で、公立は、自治体が決めた金額となります。
給食は、任意で、幼稚園の先生になるには、幼稚園教諭免許状が必要です。
管轄は、文部科学省の学校教育法という法律を基準として運営されています。
幼稚園を選ぶ際には、まず私立にするか公立にするかを考えなければならず、金銭的な負担も私立にするか公立にするかによって異なるため、予算に合い、お子さんにあった幼稚園をいくつか探し、幼稚園を見学した上で決める事をおすすめします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る